匠塗装ブログ

ダイエット・・・

 今年の4月小学校に入学する次女、紋乃(あやの)は ここ最近、一心不乱にダイエット・ヨガの本を宝物の様に持ち歩き、 『 痛い!! 痛い!! 』 と、もだえながらヨガを続けています。

夕食後から寝るまでの間、ずっとやり続けています。

私がテレビを観ようがパソコンいじろうが、ずっと独り言をブツブツつぶやきながら、私には目もくれず本格的に小さな体を必死にくねらせてます。

何でそんな事してんの? と、数日前から聞いてましたが その質問にはずっと無視されてましたし、私も何とも感じていませんでした。

しかし、あまりに長期間 毎日続いているのと、あまりにも本格的な様子に今日、初めて本気で興味が出ました。

行動には必ず何らかの原因があるものです。

幼稚園児の子供をその行為に駆り立てるモチベーションが何なのか?

何でそんな事してんのか、ほんまに知りたいから教えて!!
それやって、どうなりたいの?

私の真剣な問いに気づいた娘は仕方なさそうに言いました。

『 賢くなりたいの!! 』

そうなん? それしてたら賢くなるの?

『 うん!! 』

へぇ〜・・・・そうなん・・・・と、納得しそうになりましたが、そんな訳ありません。

それ以外の、もっと大きな理由があるやろ・・・・それを教えて!!
パパ、ほんまの事が知りたいねん。

ますます顔を曇らせ、溜息をつきながら数秒考えた後、悲しそうな顔をして言いました。

『 お姉ちゃんが紋乃の事、デブ・デブっていうねん・・・・』
『 ずっと言われてたら、紋乃も自分でそうかなぁ・・・って思ってきてん。』
『 だから、ダイエットすんねん!! それに体動かしたら頭も良くなるねんで!!』
『 だからパパ、邪魔せんとってな!! 』 と、笑顔で答え、また髪の毛振り乱して一心不乱にヨガをやり続けていました。

子供が成長しているという点では嬉しい事なんですが、何とも複雑な心境でした。

少し前までは、大好きなおかずが出て来ると、皆がよそ見をしている間に自分のお皿に全部取って、お姉ちゃんから 『取りすぎや!!』 と怒られると、『 だって紋乃は子豚やねんからしゃーないやん。 ブヒブヒ!!』 と言いながら、厭味ったらしい顔でごはんを食べていた事を懐かしく思います。

本当の思春期が少し、恐ろしくなりますね。
 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode