匠塗装ブログ

パチンコ情熱リーグ

 今日、私の兄貴分 木山 修助が理事長を行う、【パチンコ情熱リーグ】の決勝大会が、尼崎のアルカイックホールと言う所で行われました!!

最高でした!!

昨年に第1回を立ち上げ、今年で2年目になります。
昨年は、全国のパチンコ屋さん150店舗が参加した大会でした。
理事長の修さんは、チームを組んで、1年間 日本全国 営業に回ってようやく、150店舗を集める事に成功しました。

そのプロセスを遠くから見ていた私にも伝わる位、過酷でした。
営業の成果によって、同じ人格とは思えないほど、修さんの浮き沈みが日々激しかったです。

しかし、今年は裕に300店舗を超えました。
昨年の倍の参加企業数です。

やはり、実績と言う既成事実は、とても大切な事なんだと思います。
現在、私も 職人ドリプラと言う団体を立ち上げ、今年の9月にイベントを行います。
今年が立ち上げの1年目なので、やはり参加企業や、サポーター企業の方々の多くは半信半疑と言う部分が多いのだと思います。

東京・名古屋の2カ所を断念した今年は、広がりよりも、深さと内容を思いっきり熱く、深くしたいと思っています。

世の中にまだ存在しないイベントや商品を販売するのは困難な部分があります。
しかし、【居酒屋甲子園】 や、【パチンコ情熱リーグ】を立ち上げ、年々 その規模と深さを拡大させてくれている先輩がすぐ近くにいると言う事は、私にとって、どれほど心強い事かと思います。

そして、やはりこう言うイベントは何よりパワーを貰えます!!

決勝に今日出場した5店舗のパチンコ屋さんのうち、新潟・宮城・愛媛にある3店舗の経営者とは、非常に仲が良く、愛媛から出場した今回 最年少のチームが優勝した事も、私にとっては凄く嬉しい事でした。

どんな業界も今は不景気で、毎日・毎日、ネガティブなニュースばかりが目につきますが、時には、こう言うパワーや勇気や希望を貰えるイベントに参加する事で、明日への活力が生まれます。

今年9月の私のイベント 【職人ドリプラ】 も、観に来て下さった観客の皆さんが、帰りには 【 よーし!! 俺も明日からも、頑張るぞー!! 】 と言うパワーを与えれるイベントにしたいと思います。

そして、来年には更に、拡大出来る様、本番まで突っ走ります!!

趙軍団・・・・・・・おめでとう!! ホントにカッコ良かったよ!!

最新本・・・

 私が勝手に師匠だと思っているドリプラの生みの親、福島 正伸 先生の最新本が、7月に出版されます。

今回の本は、昨年 私が出場した、2010年 ドリプラ世界大会の実録本で、主人公は、4人。
光栄にもそのうちの1人に何故か私が選ばれ、この数か月 取材を受けていました。
そして、今日 オフィシャルではありませんが、出版予定の原稿が届きました。

2時間ほどで全て読み切りました。

ホントにホントに良い本でした。
笑いも涙も沢山出て、最後には 『 よーし!! 頑張るぞ!!』 と、新たな決意や、そして清々しい気分になりました。

人間は鶏と一緒で3歩歩けば忘れる生き物ですが、ホントにそうだと今日、改めて感じました。

昨年1年はドリプラに人生を掛けた1年でした。
苦しい事も楽しい事も一杯あった、ホントに充実した1年でした。

【一生、この事は忘れない!!】と思った出来事が沢山あったのに、今日 本を読むまで忘れてた事が沢山ありました。

よく、本にしてくれたものだと、心から感謝しました。

そしてもう1つ気づいたのは、人から見ると、こう映ってたんだ・・・・・・・と言う不思議な感覚です。

その本には、実際にあった細かな描写や会話等も克明に記されていますが、物語に自分の行動や態度、会話等、第3者が表現しています。

少し大袈裟な部分もありますし、福島先生は関東の方なので、関西弁が少しおかしいところはありますが、客観的に自分を見ると、何と横柄で生意気な奴だ!!と、恥ずかしくなります。
しかし、全体的には、良くこんなにカッコ良く書いてくれたものだと、やはり感謝です。

まだ、タイトルも分りませんので正式に出版すれば御報告致します。

皆さま、お楽しみに!!


修学旅行・・・

 今日から、うちの長女が修学旅行に行ってます。

昨日から、台風情報や天気予報を真剣に観ながら、『台風大丈夫かなぁ・・・・』 と、つぶやいてる娘に 【大事な現場でもあるんかい?】 と聞くと、『修学旅行や!!』 と言われ、目玉が飛び出る位、驚きました。

『修学旅行て、お前何年やねん?』・・・・・・・『6年!!』・・・・・・・・『 マジ??? 』
桂三枝ばりに、椅子からズッコける位、驚いたのですが、『パパに10回位、何年生って聞かれて、毎回同じリアクションやねんけど・・・・・』と、軽蔑したような冷ややかな目で見られました。

お客様や、友達などから子供の歳や学年を聞かれても、時には 『4年と4歳。』 『5年と5歳』 『3年と3歳』 等、いつも予想で話してます。
冷たい親だとお叱りを受けますが、多分、いつまでも子供でいて欲しいと現実逃避してるのかも知れません。

来年から中学だと言う現実を突きつけられると、後2・3年、待って貰えない物かと思うのが私の本音です。

そう考えると、立派に子供を育て上げた世の中のお父さん・お母さんを私は心から尊敬します。
体裁上、私は世間では社長と呼ばれていますが、お金は全然ありません!!
子供が今後、高校・大学などに行こうものなら、どれだけのお金がかかるか不安になっちゃいます。

私は私立の高校を卒業しましたが、親が大金を払ってくれた事など、大人になるまで考えた事もありませんでした。
今になって思うと、うちの両親は凄いなぁ・・・・・と、感心します。
よく、こんなバカ息子を私立高校に通わせたものだと思います。

子供が高校に行く頃までには、私も頑張らなきゃいけませんね。

それにしても、今日は、天気が良くて良かったです!!
あれだけ楽しみにしていた修学旅行、目一杯楽しんで来て欲しいと思います。
次女の時には、驚かないように学年と年は常に把握しておきましょう!!


タヤマ学校

 5年ぶりに我が母校のタヤマ学校に行って来ました!!

このブログでも何度か書いている私の人生の師 田山 敏雄が経営する人材育成のビジネススクールです。

23歳で会社を創業し、破竹の勢いで会社を伸ばし続けていた私の鼻をへし折ってくれ、井の中の蛙だった事を痛感し、経営者として勉強し続けなきゃいけないと言う原点を教えてくれた学校です。

自分でも覚えていませんでしたが、『会社を閉めます。』 と、校長に報告に行ったのがどうやら5年前だったようで、本当に月日が経つのは早い物だと改めて感じました。

震災の影響で、研修生が集まらず、社員全員が研修の中止を校長に告げたそうで、それが校長の逆鱗に触れたようです・・・・・・・

お前達は俺を殺す気か!! 研修の火を消すと言う事は、俺の命のともしびを消すと言う事と同じだ!!と怒り、3か月間は研修費を無料にして、その代わり義捐金を募り、被災地に全額寄付する。と決めたそうです。

現在、数百万円の義捐金が集まっているそうです。
今回も全国から、200名近くの研修生達が集まっていましたが、その中には被災地で、自分のお店が駄目になった社長やリーダー達が研修に参加し、数10万単位の義捐金まで寄付していた姿に、心から感動しました。

私は研修の前泊をして、初日の夕方には帰りましたが、やはり母校と言うのは本当に居心地の良いものです。 
今まで御無沙汰していた事を、強烈に叱られるだろうと覚悟して行きましたが、『森田に元気を貰ったよ!! ほんとにありがとう!!』と、何度も何度も校長に言って頂き、その都度 涙が出そうになりました。

これ以上居ると、ずっと居たくなるからと、初日に帰って来ましたが、不思議なもので、今日のお昼に校長から 『ちょっと来て欲しい。』 と、電話があって、来週の月・火で校長の所にまた行く事になりました。

今まで心配をかけた分、77歳の校長に、存分に親孝行したいと思います。



ギリギリの告知

 明日、5月14日、クレオ大阪東 にて、東日本大震災復興イベント おやじ×アニキの講演会が行われます!!

開演14時〜閉演17時 当日入場券 2500円です。

おやじさんは、私と昨年の世界ドリプラの同期生で、真おやじ塾の創設者です。
株式会社 ウェルネスサプライと言うスポーツ施設や遊園地等の運営を、全国25カ所で行っている企業の社長でもあります。

私が主催する職人ドリプラは勿論、ウーマンドリプラや大阪ドリプラ、関西ドリプラ等の団体を、会社ぐるみで支援し続けてくれている凄い会社です。
震災後も、社員を連れて社長自ら、何度も被災地に何泊もしながら復興の為、汗を流し続けているホントの愛と人間味のある社長です。

アニキは、速読講座で有名な社長です。
子供の頃から活字を読むのが大の苦手の私も、もちろん行きました。
たった、1時間ほどのプチ講座だったと思います。 費用は7千円ほど???だったかな??
それ以降、倍以上の速さで活字を読む事が出来るようになり、何より、活字を読む苦手意識が無くなり、本を読むのが好きになりました。

と言う訳で、私にとっては大恩ある2人です。 
是非 講演会に行きましょう!!

そして明後日、5月15日は、おやじ同様 お世話になっている姉貴分、なにわのマザーテレサこと、アンディねーさんと、その師匠 感動経営コンサルタントの臥龍先生 (角田識之)のダブル後援会です。

司会は、これまた私が兄貴と慕うナニワのメンター ナニメン(吉井 雅之)氏です。
13時30分〜17時 大阪大学中之島センターホールにておこないます。
当日入場券は3500円です。

土日、家でゴロゴロされるご予定の方は、100倍 自分のためになる講演会のハシゴをしましょう!! ゴロゴロされない方も、勉強の為、ぜひご参加くださいね!!


社長の理念

 大阪を中心に急激に店舗数を伸ばしているあるスーパーの本社に行って来ました。

先輩から社長を御紹介頂き、商談に行きました。
入口付近の応接室に通されましたが、なかなk社長は現れず、ガラス張りの応接室の前は人が何十人も行き来し、人が途絶える事がありません。

その間、女性がコーヒーを持って来てくれたかと思うと、違う男性がカステラを持って来てくれ、食べ終わる頃にはアイスクリームを持って来てくれました。

数分して社長が来られ、名刺交換が終わると、紹介下さった社長が、すぐにある商材を売り込みだしました。

2・3分、商品の説明をしていると、社長は大笑いしながら、『 いらん!!』
先輩は、その言葉を聞くと 『そうですよね!』
『 じゃあ、社長 こういうのはどうですか?』 ・・・・・・『 いらん!!』
と、先輩は4つの提案をし、そのうち1つだけの商品に社長は少しの興味を示し、『〇〇円になるなら買うたる!!』 と、話をまとめ、私にバトンタッチされました。

私も秒殺でした。

驚いたのは、社長の決断力の速さです。
断る時も、買う時も、一切の迷いが無く一瞬で判断されます。
そして、断る時には何故ダメなのか? と言う理由を大笑いしながら話してくれます。

お客様が、社長の店に何を求めてやって来てくれているのか? 社長がお客に提供する物が何なのか?が、本当に理念としてハッキリしているのです。
提案する商品が良いか悪いかの判断では無いのです。

自分の店に必要かそうでないか?が全ての判断基準なのです。
そのスーパーは、毎日 日替わりで目玉特売品を必ず1品出しているそうです。
しかも、通常価格の半額等といった生ぬるいものではありません。

ほとんど無料に近い金額です。
100円で仕入れた物を特売にかけ、1000個売れたら10万の赤字です。

それを毎日どの商品にするのかは、どんな商品を特売にすれば、1番喜んで貰えるか?と言う判断基準でやっているのです。

奥さんが、夜の食卓で 『これ今日安かってん!!』 と、話題にしてくれりゃ旦那や子供の顔に笑顔が出るやん。 そうやってうちを話題にしてくれりゃ嬉しいやん!! と、社長は本当に嬉しそうに笑顔でおっしゃいました。

そして言いました。

商売は、自分ばっかし儲けたらあかんやん!! 儲けさせてもろたら、それを今度はお客さんに還元して儲けて貰うからうまい事いくんやろ!!

その後も、男性社員が私達にお弁当を持って来てくれ、帰りにはビニール袋一杯に、パイナップルやリンゴ、バナナやソーセージなど手土産を山盛り持たせてくれました。

私達との商談の間、社長は出たり入ったりを2・30回は繰り返されたと思います。

今、スピードが問われる時代ですが、急成長する会社はやっぱり凄い!!
全てのスピード感が違いますね!! 勉強になりました。
 






合同合宿

 昨日・今日の2日間に渡って、職人ドリプラの第1回 相互支援会 合宿が大阪の羽衣で行われました!!

今回は女性だけのドリプラ(ウーマンドリプラ)と、男の中の男、職人ドリプラが合同で合宿を行いました!!



私自身は本当に充実した、楽しい2日間でした。

1月から説明会や会議を何度も何度も行い、選考を経て、ようやく名のプレゼンターが確定し、合宿を行う事ができました。

今年の正月、そんなに親しくもない、同業者の社長に勇気を出して職人ドリプラを立ち上がる事、そして一緒にやって貰う事をお願いしました。

その時には本当に勇気がいりました。

叶うか叶わないか分らない、私の小さな夢だったからです。



しかし、その社長は今、職人ドリプラの実行委員長として本気で一緒に作り上げていく最高の相棒になっています。

私は職人ドリプラ立ち上げの時から何度もイメージしました。
本番のステージと、合宿の様子。

しかし、その時の私のイメージはりんかくだけしかない、のっぺらぼうの人達でした、

この2日間、合宿を終えたと言う事は定数のプレゼンターがおり、パートナーがおり、それを支える沢山の支援者とスタッフがいると言う事実です。

そして、今はのっぺらぼうで無く皆の本物の笑顔を見る事が出来ました!!



私には職人大学を創ると言う夢があります。

職人ドリプラはその通過点であり、合宿は本番のさらに通過点に過ぎません。
しかし、小さな一歩かも知れませんが、確実にその夢に近づいていると言う事も事実です、



これがドリプラです!!

1人の小さな夢に共感した多くの人が、人を呼び、経営資源を集め、結果として描いた夢の通りになるのです!!

自分の事を良いように言いたいのではなく、夢にはそれだけの力があると言う事をまた再認識できたと言う事です。

人は描いた夢しか実現出来ません。
なりたい自分にしかなれません。

5年後・10年後の人生設計や、なりたい自分のイメージすらなければ、なりたい自分にもなれないと言う事です。

4か月前の私の夢は、もう私の夢ではありません。

9月の本番にプレゼンターが誇らしげな笑顔でステージに立つ事は、プレゼンターの夢であり、パートナーの夢であり、沢山の支援者、協賛者、スタッフ、そして私、皆の夢になったのです。

もう、この夢が叶わない理由はありません。

9月の本番まで、沢山の仲間と共に突っ走ります!!


勇気を出してブログを再開します。

 この1か月以上、ブログを書きませんでした。

正確には書けませんでした。

日々、仕事や職人ドリプラの事で動き回っておりましたが、どうしても書く気になれませんでした。
震災で多くの方が辛い思いをしている中、何も動けていない自分が歯がゆく別の話題を書く気にもなりませんでした。

職人ドリプラと言う団体は私自身が立ち上げた団体で、現在 建設・建築業の経営者や職人を中心とした沢山の人々が活動しております。

団体を束ねるリーダーとして、震災に何らかの貢献をする事が強烈に自分の使命として重くのしかかっていました。
団体では義捐金を送ったり、今後もチャリティー等を行う予定ですが、お金だけを送るだけでは無く、職人ドリプラと言う位だから、復興に何より役に立つ 職人達を自分が先頭に立って動かさねばと日々考えています。

阪神大震災の時もそうでしたが、今の段階でもすでに震災成り金なる者がポロポロと出没して来ており、今後もそれは増加する事だと思います。
とは言え、東日本の経済は全般的にはボロボロです。

阪神大震災の時には世界中からの支援を我ら関西人は受けています。
本当の意味での恩返しを今、我ら西日本の人間が一丸となって行うべきです。

その1つは、西日本から経済を活性させ日本の経済を支える事だと思います。

今すぐにでも被災地に飛んで行きたいですが、沢山のボランティアスタッフと、夢を語るプレゼンターや支援者と共にイベントを主催している責任ある私はそう簡単にも行きません。

今は、職人ドリプラと自分の仕事に集中し、9月の本番を終えた時に仲間と共に継続したお手伝いを行って行きたいと思います。

友人から電話がありました。
電話に出ると 『 良かった〜・・・・・・生きてたんだ!! 』

ブログが止まっているので、もしかするとたまたま震災に巻き込まれてたのかと思った。との事です。

震災被害に会った、多くの皆様に心からのお悔やみと、お見舞いを申し上げます。

現段階も被災地の皆様は満足な食事も出来ず、お風呂にも入れず、今後の生活をも一杯の不安を抱えながら懸命に生きておられます。

私もいつまでも下を向いてては行けません。
自分の出来る事を精一杯やって行きます。

長い間 ブログを書かずに申し訳ございませんでした。




ドリプラ世界1000カ所祭りin大阪

 いよいよ明日、ドリプラ世界1000カ所祭りin大阪が開催されます。

http://www.simpletask.co.jp/event/dream.html

世界大会終了から、何度も人前でプレゼンさせて頂く機会がありましたが、大きなホールでプレゼンするのは世界大会以来です。

20008・2009・2010のプレゼンターの中でも関西地区出身のプレゼンターが一堂に会す、凄い大会です。

しかも、今チラシを見ながら初めて気付きましたが、2008年から3年間の共感大賞は、皆 関西出身者なのですね!!
日本全国から凄い人達が集まるドリプラの優勝者が3年連続関西人って、関西出身者にとっては誇りですね!!

明日、PM14:00〜18:00 朝日生命ホール 大阪市中央区高麗橋4丁目2−14
前売り 3000円 当日 4500円です。

ドリプラを今年1000か所で行おう!!と言うのが趣旨のお祭りで、今月6日に東京で、1000カ所祭りin関東を終え、明日、関西でドリプラ祭りがおこなわれます。

価値観や、考え方が少し変わるかも知れない、凄い大会です。
是非、ご友人等お誘い合わせの上、ご参加ください。

絶対、感動・共感します。 来て良かった!!と、必ず言って頂けます。

説明会 最終

 今日は、姫路市民会館で職人ドリプラin関西の最終 説明会が行いました。

1月、2月、3月と3回の説明会を行い、いよいよ今月の末にプレゼンターのエントリーを締め切ります。

本選に残れるのはわずか6名。

途中経過のプレゼンエントリー候補の意思確認をこちらからは聞いていないので、今月末までに何人の方がエントリーしてくれるのか全く分りません。
もし、1人もエントリーしてくれなかったらどうしよう??? と言う不安は勿論ありますが、すでに数名からのエントリーの申し入れを聞いていますので、ゼロだけはないと思います。

今日で、とにかく説明会は終了し、今後 選考や、支援会が行われます。
エントリーしてくれた時点で、私はその人たちに本気の支援を一生し続けると、最初から決めています。



会場に入ると、Tシャツと、旗が届いていました。

私のブログを見て、職人ドリプラに感銘してくれた沖縄の書道家 亜泉ちゃんが書いてくれたロゴを、実行委員の高橋さんが、Tシャツにして届けてくれたのです。



何と、粋な男と、女でしょう。



姫路の市民会館に、今日も沢山の新たな参加者が集まってくれ、熱い時間と、出会いがありました。



私の偏見ですが、職人は、ドリプラと言う世界からは、最も遠い存在でもあります。
ハウスメーカーや、ゼネコン、地域の工務店や、建設会社等、職人の教育には、本当に苦労しています。

なので、職人ドリプラを本当に開催するのは、とても苦労するだろうと、思っていました。
しかし、誰もした事が無いから本気でする価値があり、これが本当に実現すれば、誰もが日本の職人社会の無限の可能性を感じてくれると、私は確信していました。



本当の勝負は、これからです。

しかし、今の始まったばかりの途中経過ですが、私は本当に職人ドリプラをやって良かったと、心の底から実感しています。

現在1500名以上に不定期の職人ドリプラ メルマガを配信し、200名以上のメンバー候補がおり、実行委員が60名以上になりました。
そしてそれぞれが自分のペースで職人ドリプラに携わってくれ、本気でこの会を盛り上げてくれているメンバーも多数います。

プレゼンター候補も、本気で企画書創りに葛藤の日々を送りながら、自分と向き合ってくれています。
この会を通じて新たな出会いが生まれ、この会を通じて人々が成長し、この会を通じて支援の輪が広がって行っている事を、日々 実感しています。


一般的に経営者が人前でプレゼンする内容は、儲かるか儲からないか? 出来るか出来ないか? 聞いている人を説得出来るかどうかです。

しかし、ドリプラでのプレゼンは出来るか出来ないかでは無く、未来の理想の社会が出来た事を疑似体験して貰い、心から共感して貰えるかどうかです。
その事業が、社会に本当に必要な物なのかどうなのか? です。

この大きな違いは、本当に聞いている人が心から共感し、社会に必要だと感じてくれたら、障害があっても、良くなってしまう所です。
実現するには沢山のハードルがあるかも知れない・・・・でも、社会に絶対に必要な物なら、障害を一緒に飛び越えれば良いじゃん!! と言ってくれる仲間が山盛り出て来る事なのです。

本当に、職人ドリプラをやって良かった。

皆さま方に、心から 感謝です!!


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode